catch-img

BPOとアウトソーシングは何が違う?これさえ読めば簡単にわかる

働き方改革や労働人口の減少、業務効率の向上、コスト削減といった「労働力」について議論されている今、「BPO」が注目を浴びつつあります。

またこれと類似した用語で「アウトソーシング」という言葉も存在しますが、果たしてそれぞれの内容に対して、どのような違いがありるのか、また業務や経営にどう影響を及ぼすのでしょうか。

本稿では、BPOとアウトソーシングの特徴や違いについて触れるとともに、BPOのメリットやデメリット、各案件に対してBPOとアウトソーシングをどのように使い分け選択すれば良いのかについても解決していきますので、現在BPOやアウトソーシングの利用を検討させれている方は是非参考にしてみてください。


目次[非表示]

  1. 1.BPOとは?
  2. 2.BPOのメリット・デメリット
    1. 2.1.BPOを活用する上でのメリット
    2. 2.2.BPOを活用する上でのデメリット
  3. 3.「BPO」と「アウトソーシング」は何がちがう?
    1. 3.1.アウトソーシングとは?
    2. 3.2.BPOとアウトソーシングで異なる点とは?
  4. 4.「BPO」と「アウトソーシング」それぞれの選び方
    1. 4.1.業務の方向性をどのように推測しているのか
    2. 4.2.「一過性」と「継続的」などちらを求めるのか
    3. 4.3.セキュリティの高さや価格面などの細かい要素も選定材料の1つ
  5. 5.まとめ




BPOとは?


まずはじめに「BPO」という用語の意味について紹介していきます。


「BPO」とは「ビジネス・プロセス・アウトソーシング」(Business Process Outsourcing)のイニシャルからきている言葉であり、一連の業務におけるプロセスを外部企業に委託することで、業務の効率化だけではなく、定型業務や業務運用のプロセスを持たない事業領域に対して、継続的にアウトソーシングする経営手法のことを指しています。

BPOを導入する特徴としては、企業などの組織において、事務や管理業務といった顧客に直接対応するフロントオフィスを支援する本社等のバックオフィス部門(人材採用・育成、経理、総務、フォーム、コールセンターなど)を対象としており、企業ブランドの価値の向上によって、競争力強化を図ることができます。


なぜここまでBPOの導入が進むのか、その背景には顧客ニーズや経営環境の変化が関係しています。


近年日本企業の間でも、経済のグローバル化や国内市場の縮小、人材不足による人材難などにより、組織の最適化やコスト削減の徹底化、経営資源(ヒト・モノ・カネ)の集中投資といったように、効果的かつ効率的な経営戦略を求められています。

それに伴い、外部企業へ業務を委託するBPOを含むアウトソーシング市場の規模は拡大を続けており、ある調査会社によるBPOサービスの調査では、2017年の国内BPOサービス市場は7,346億円、2017〜2022年までの期間でみると年間平均成長率は3.6%と、年々市場が拡大しているのがわかります。

ビジネスを取り巻く環境が刻一刻と変化する昨今では、変化に素早く対応することのできるBPOは非常に有効的なツールと言えます。自社のリソースとスキルだけでは不可能だった領域にも、外部の専門的な企業とタッグを組むことでアプローチが可能となるため、経営資源の集中投資や、企業体制の改善または強化等のニーズを持たれている企業には、BPOはおすすめであると言えます。






BPOのメリット・デメリット


続いて解決していくのは、BPOを導入する上でのメリットとデメリットについてです。

先述しましたように、業務効率の改善や、企業の課題解決に一役かう一方で、導入する上でのデメリットも存在しています。

本章では、BPOの導入における良し悪しについて書きに列挙しておきますので、参考にしてみてください。



BPOを活用する上でのメリット


組織全体の経営資源を最適化することが可能

近年の経営環境においては、迅速な意思決定やスピーディーな対応が求められるため、自前主義で全てのリソースやツールを配置していては、グローバル化や企業間の競争における優位性を確保することは到底できません。

そこで有効な手段となるのがBPOになります。

BPOの対象となる業務(部門)は、人事や総務、経理、事務代行、マーケティングといった間接部門に導入させることが多く、単なる業務のアウトソーシングということではなく、経営戦略の一環として各業務を標準化・効率化させることが可能となります。

そのため、現在保有する経営資源(ヒト・モノ・カネ)を企業におけるコア事業にフォーカスさせることで、投資効率の向上や、迅速な事業展開に好影響を与えることができます。


無駄なコストを削減

企業の規模によって間接的な部門は異なることと思いますが、BPOサービスを活用することで、不要なコストを削減することや、業務におけるランニングコストを軽減することが可能となります。多くの企業が自前で管理する体制を整備されていますが、迅速な人員配置や、日々変化するニーズや経営環境に対応することが求められる昨今では、自社管理はデメリットやリスクになりかねません。

BPOを活用することで、これらのリスクを回避することもできますし、BPOにおけるスケールメリットも享受することが可能となるため、単なる固定費や人件費といった固定費とあわせて、無駄なコストを削減することができます。


BPOを活用する上でのデメリット


業務におけるノウハウが社内に蓄積されない

業務の効率化や標準化を図る一方で、業務プロセスごと委託してしまうBPOでは、社内における業務ノウハウの蓄積が困難です。

各事業者ごとに、専門的かつ高度な知識や経験を元に業務を進行するため、業務内容における共有やプロセスの透明性が確保されず、結果的に従業員の学習機会の消失につながります。


情報漏洩するリスクが高まる

今現在最も労力を必要とする業務内容が企業における情報漏洩に対する体制作りになります。特に外部企業に委託を行うBPOでは、個人情報や機密情報を外部と共有するため漏洩するリスクも、より高まります。


組織全体のモチベーションの低下

BPOの導入をするにあたって、組織における構造改革や業務工程の削減、人員の配置転換など、従業員や組織全体のモチベーションの低下の可能性があります。

企業の業務効率化や競争力の確保を図る一方で、組織のモチベーションやエンゲージメントに悪影響があることに対しては、施策、また注意が必要となります。







「BPO」と「アウトソーシング」は何がちがう?


続いて「BPO」と「アウトソーシング」の違いについて解説します。

同じカテゴリーとして認識されることも多いですが、両者には明確な違いが存在します。
ここでは、アウトソーシングとは何かといった特徴をはじめ、具体的にBPOとアウトソーシングでどのような点が異なるのか解説していきます。



アウトソーシングとは?

アウトソーシング(Outsourcing)とは、外部から経営資源を調達することを指しており、自社における人員等のリソースを活用し業務を行うのではなく、外部の人材や企業に業務を「委託」する形で、業務の効率化やコストの削減を図る経営戦略の一環を意味しています。

アウトソーシングは、新たな人材の確保や新規での設備投資をすることなく、サービスの最適化や品質の向上が図れるため、導入する企業においては、経営資源をコア事業やメイン業務に有効活用することができます。

これまでアウトソーシングに代替可能となる業務は、単純作業が一般的でしたが、現在では、高度な専門技術を必要とする領域にまで拡大しており、多くのニーズに幅広く対応することが可能となっています。

そのため各企業が抱える問題点や課題、これまで着手できなかった業務において、社外の資源を活用して、業務を改善・効率化させることができます。


BPOとアウトソーシングで異なる点とは?

BPOとアウトソーシングは一体何が違うのか、それはそれぞれの業務領域の内容・幅になります。

アウトソーシングは、業務を委託するという面ではBPOと同じですが、あくまでも「業務の一部を委託」や「人員の補完」といった内容が主な作業となります。

一方でBPOは、業務の委託にとどまることなく、業務の効率化やコスト削減を図ると同時に、経営的な課題や戦略、問題点の解消まで、幅広い内容において委託、コンサルティングを行うことが求められます。そのため単なる業務の代行だけでなく、経営という目線もあわせもった業務の遂行や柔軟な対応が求められるのがBPOになります。







「BPO」と「アウトソーシング」それぞれの選び方


最後に解説していくのは、「BPO」と「アウトソーシング」における選び方についてです。


先述しました通り、両者には明確な作業内容の相違点があります。

そのため、業務委託を検討する段階においては、各業務についてとこまでの成果や結果を求めるのかを明確にしておく必要があります。
そのためここでは、どちらかを選択するで基準となる項目を列挙していますので、参考にしてみてください。


業務の方向性をどのように推測しているのか

BPOとアウトソーシングのどちらに業務を依頼するかの決定的な違いは、委託する業務領域をどのように捉えているのかになります。

仮に自社の資源だけではスムーズな業務を行うことができず、その不足している業務を外部に一時的に委託したいのであれば、比較的安価で任せることのできるアウトソーシングで十分だと思われます。

しかし、単なる委託や人員の補完ではなく、「経営資源を選択と集中させたい」、「経営的な問題・課題を解決したい」など、経営戦略にもフォーカスした内容ならば、業務プロセスの一括代行となるBPOの方が最適であると言えます。

「一過性」と「継続的」などちらを求めるのか

先述した内容にも付随しますが、企業規模の拡大に伴う形での導入や、一時的な人材派遣や業務の一部だけを集中的に委託したいのであれば、それらの内容に特化した専門企業に対してアウトソーシングを依頼することが最適であるといえます。

対してBPOは、業務の一部ではなく、経営戦略の一環として継続的に業務を委託したい、または業務プロセス全てを担ってほしいという要望であれば、BPOが有効なツールと言えます。


セキュリティの高さや価格面などの細かい要素も選定材料の1つ

簡単に業務委託と言っても、外部企業に自社の大切な情報やリソースを開示することが求められます。そのため、事業者を選定する上でも、セキュリティレベルの高さ、管理体制、契約書の取り決めなど細かい点にも注視しておく必要があります。

また価格帯もしっかりと確認しておきましょう。あくまでもコスト削減や業務の効率化を図る上で業務委託が必要となるのです。その目的であるにもかかわらず、かえって導入後の方がコストが高くついてしまっては導入のメリットが薄れてしまいます。価格や納期の適性さや、委託する企業の実績やノウハウを加味した上で、業者を選定するようにしましょう。







まとめ

今回は、BPOとアウトソーシングの違いやそれぞれの特徴について解説してきましたが、両者には委託する側の経営における考え方や、活用する場面、任せる作業量や内容に異なる点が見受けられました。またBPOのメリット・デメリットを記述する中でも述べましたが、導入においては、メリットばかりではなく少なからずデメリットも存在しています。

そのため、各企業の経営層や担当者の方が、業務についてどのように考え、目的意識を持ち合わせているのかによっては、BPO・アウトソーシングどちらでも使い道は存在しできます。


今後ますますグローバル化や働き方改革が促されることで、BPOを含むアウトソーシングの市場は拡大が見込まれ、年々より高度かつ専門的な領域にまで進出していくことが予想されます。

不確実性が高まる昨今では、不必要な作業や領域に注力するのではなく、成長産業や自社の強みとなるコア事業へ資源を集中させることが必須となります。

企業価値の向上や競争力の強化を図る上でも有効なツールとなり得るBPOとアウトソーシングを積極的に活用し、全てのニーズに対応できる経営を行えるようにしましょう。


参考URL:

導入前に確認したい、BPOとアウトソーシングの違い
https://www.realgate.co.jp/md/587/

ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)
https://bizhint.jp/keyword/130129

新たな業務効率化! ビジネス・プロセス・アウトソーシングとは?
https://www.recycle-107.com/column/cost/bpo/

【図解】BPOとは?アウトソーシングとの違いや外部化検討のプロセスを徹底解説
http://unicell.co.jp/2018/11/18/bpo%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A8%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84%E3%82%84%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83/

導入前に確認したい、BPOとアウトソーシングの違い
https://www.realgate.co.jp/md/587/

BPO.com
BPO.com

企業の課題や悩みをBPM技術というプロジェクトマネジメント技術を用いて解決する企業集団です。業務改善にお困りのビジネスパーソンにビジネス・プロセス・アウトソーシングに関するノウハウや情報を分かりやすくお伝えします。