catch-img

BPOやアウトソーシングなどのビジネス用語を解説!これを読めば違いがわかる

企業に勤めていると、アウトソーシングやクラウドソーシング、BPOやBPRなどのビジネス用語を聞く場面があります。今回は、自社で取り入れている、またはこれから取り入れようとしているシステムなのに実はよく理解していない、実は言葉だけしか知らない、それぞれの仕組みがわからない、という方のために、企業でよく使われるビジネス用語と仕組みについて簡単に解説しました。一度読んで頭に入れておくだけでもビジネスで役に立つ機会があるはずです。ぜひご活用ください。


目次

目次[非表示]

  1. 1.アウトソーシングとは
  2. 2.インソーシングとは
  3. 3.クラウドソーシングとは
  4. 4.コンサルティングとは
  5. 5.オフショアリングとは
  6. 6.BPOとは
  7. 7.BPMとは
  8. 8.BPRとは
  9. 9.SFAとは
  10. 10.RPAとは
  11. 11.まとめ


アウトソーシングとは

アウトソーシングとは、企業が社内業務を外部の業者に委託することです。財務や経理、カスタマーセンターの業務、配送業務など外部に委託しやすい業務を任せることが主流でしたが、近年では情報システムや法務関係など専門性の高い業務を外部の業者に任せる事例も多くなっています。

例えば、自社のサービスを広めるためにテレアポが必要な場合。テレアポの業務をアウトソーシングすることで、自社がテレアポをしなくても新規のお客さまを獲得できます。その結果、新規のお客さまではなく見込み客に対して営業することができ、効率的に業務を進めることが可能です。

アウトソーシングをこと活用することで、資源や人材・サービスを外部と契約して調達し、自社が運営する活動を効果的に進めることができます。


インソーシングとは

インソーシングとは、アウトソーシングで外部に依頼していた業務を再び自社に戻すことです。自社に専門家を配属することで、アウトソーシングするよりもコストを抑えたりスピーディーに業務を進めたりできます。

例えば、先ほどアウトソーシングで説明したテレアポの場合。当初の計画より新規のお客さまが増えなかった際に、テレアポ業務の契約を終了して自社で担当するようになることです。

インソーシングは、アウトソーシングでは解決できなかった問題を自社で取り組み、活動をスピーディーに進めることができます。


クラウドソーシングとは


クラウドソーシングのクラウド(Crowd)は群集、ソーシング(Sourcing)は調達先、源という意味を持っており、業務を不特定多数の人に対し業務を発注するためのWebサービスのことを指します。

クラウドソーシングは企業間では発注しづらい少額な業務の発注を高いスキルを持つ個人へ依頼・発注することが可能となり、人件費、教育費といった固定費が必要なく、成果物に対しての報酬のみで手に入れることができるという点がメリットとなります。

また、クラウドソーシングはアウトソーシング同様に、ピンポイントで欲しい仕事の成果のみを手に入れることが可能です。クラウドソーシングは基本的にオンラインで完結したり、仕事を発注する先が個人事業主であったりする場合がほとんどです。


コンサルティングとは


コンサルティングとは、企業の問題を解決するために、改善提案と改善策の実施を行うことです。将来的に渡って高い収益を上げられるよう、改善をしていくのがコンサルティングの目的です。人事のみといったように一つの部署に特化してコンサルティングを行う場合と、事業戦略や組織風土の改善といったように、会社全体のコンサルティングを行う場合があります。

コンサルタントは基本的に業務を可視化し、問題を特定を解決する役割を持っています。
他、主に下記の役割があります。

・業務改善を進めるための、業務の可視化
・業務全体を見渡しポイントとなる業務問題の特定
・ロジックツリーやバリューチェーン分析などの手法による原因追及
・依頼企業とすり合わせつつ、改善案を提案・実施
・実施した改善案を効果測定
・効果をもとに、次の施策を考案


オフショアリングとは

オフショアリングとは、自社における一部の業務もしくはすべてを海外に委託・移管することです。オフショアリングは、大幅なコストを削減する目的で利用されています。また、日本では規制が厳しくなり新しく工場を作ることがむずかしくなってきたため、海外に製造工場を作る動きが強くなっています。

例えば、製造業の場合。海外の広い場所に工場を作って移管し、現状よりも多く製造できるようにして作業の効率を高めることが可能です。

オフショアリングは、自社の拡大とコスト削減を目的に活用されます。


BPOとは

BPOとは、Business Process Outsourcing(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の略で、自社の業務をプロセスごと外部の企業に委託することです。業務をそのまま依頼するため、業務の進め方や使うシステムなどを外部の企業が決めることができます。

一般的なアウトソーシングサービスが業務プロセスの一部分を外部業者に委託するのに対し、BPO サービスは特定の業務部分を全て外部業者に委託するという点に大きな特徴があります。

企業が行う業務の中には、外部スタッフが行うことのできる業務と、自社内でしかできない業務や各企業独自の技術やノウハウを用いたコアな業務が存在します。

業務の効率化や、直接的には成果や売上に直結しない業務によって通常業務が圧迫されているという課題感を抱いているビジネスマンは、BPO サービスを利用することで、人的資産や企業の持つリソースをコアの業務に集中できます。


BPMとは

BPMとは、Business Process Management(ビジネス・プロセス・マネジメント)の略で、自社の業務を見える化することで課題の洗い出し・分析・解決案の提示などの継続的な業務の改善のことです。また、ビジネスの新しい仕組みを迅速に立ち上げ、確実に実行しつつもそのプロセスは整理しておきたいというニーズにもBPMは応えることができます。BPMが大きな注目を集める理由の一つです。

BPMという手法は、主に以下の3つから構成されています。
・業務のプロセスを可視化・設計する手法
・業務のプロセスを実行・管理する情報システム
・上記に基づく業務改革の活動体系

BPMでは、これらを実行する手段として、ビジネス現場ではお馴染みのPDCAサイクルを使います。PDCAは、「Plan:計画」「Do:実行」「Check:評価」「Act:改善」という頭文字を取ったものですが、このPDCA サイクルを回すことで業務改善を促します。
BPMは、自社の製品を継続的に改善して業務を効率的に進めるサポートが可能です。


BPRとは

BPRとは、Business Process Re-engineering(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)の略で、自社における活動や組織、業務内容を見直して再び作り上げることです。

例えば、業務の内容を見直す場合。現在の業務はどんなことに役に立っているのかを分析します。こうして分析された結果から、重要視されている業務をメインに業務の担当者を再編成したり業務プロセスを見直します。

BPRは、自社を見直して最善となる活動や組織を生み出すことが可能です。


SFAとは

SFAとは、Sales Force Automation(セールス・フォース・オートメーション)の略で、営業活動の効果を高めるシステムです。SFAを利用することで、関心の高い見込み客に対して最適なアプローチができ、売上を伸ばしやすくします。

また営業活動には、以下のようなタスクがあります。
・顧客の情報を管理
・自社のサービス、製品を提案する資料の作成
・顧客との商談
これらのプロセスが効率化することで、営業の担当者は本来アプローチするべき顧客との商談に時間が使えます。その結果、案件の受注率を上げることが可能です。


RPAとは

RPAとは、Robotic Process Automation (ロボティック・プロセス・オートメーション)の略で、パソコンで定期的にする作業や作業内容が決まっている仕事をソフトウェアロボットが自動で行うことです。

RPAを利用することで、以下の業務負荷が軽減されます。
・人件費を下げる
・業務のスピードが上がる
・正しく業務を行う

RPAは人の代わりにスピーディーかつ正確に業務をしてくれます。

例えば、会計のシステムからCSVを取り組む作業やメール・チャットの自動作成、添付、送信作業などが可能です。


まとめ

今回は、インターネットに広がっている似た言葉や間違いやすい言葉について紹介しました。


・アウトソーシング:自社以外の外部から経営における資源、人材やサービスを調達する
・インソーシング:アウトソーシングでは解決できなかった業務を自社に取り込む
・クラウドソーシング:アウトソーシングする相手をクラウド上(WEB上)で探す
・コンサルティング:専門家にアドバイスをもらい、自社の成績を効率よく上げる
・オフショアリング:自社の一部、もしくはすべての業務を海外に委託・移管する
・BPO:自社の業務をプロセスごと外部の企業に委託する
・BPM:自社の業務を見える化する
・BPR:自社の活動、組織、業務内容を見直して再び作り上げる
・SFA:関心の高い見込み客にアプローチできる
・RPA:ソフトウェアロボットが自動で仕事を行う


いかがでしたか?
各それぞれのビジネス用語、ご理解いただけましたでしょうか。

BPO.com
BPO.com

企業の課題や悩みをBPM技術というプロジェクトマネジメント技術を用いて解決する企業集団です。業務改善にお困りのビジネスパーソンにビジネス・プロセス・アウトソーシングに関するノウハウや情報を分かりやすくお伝えします。